ページ上へ

圧倒的ブランド力

アマゾンのイメージ

「アマゾンで注文しといて~」「アマゾンで売ってるんじゃない?」
家庭や職場でこんな会話、すっかり聞き慣れていませんか?

今では我々の生活に浸透し、もはや欠かせない存在となったAmazon。
通りを歩いていてゴミ集積場の前を通れば必ずと言っていいほどアマゾンの段ボールを見かけます。

アマゾンの登場は日本において「通販」という枠にとどまらず「買い物」の文化・価値観を一変させました。
特に注文した翌日には当たり前のように商品が届き、速ければ当日にも届いてしまう迅速な宅配サービスには当時驚きでした。
膨大な配達量による運送会社の人手不足は社会問題にもなり、物流に対しての意識にも変化をもたらしたと言われていますね。

絶対的需要

換金率の水準値

大手コンサルティング企業が行っているWebブランド調査でも、Amazonは常に1~3位の上位にランクインしており、企業活動も高く評価されているブランドです。
そのブランドが発行するギフト券ですので、当然多くの需要があり商品価値が暴落する恐れもありません。

「金券ショップとの違い」の方でも触れましたが、Amazonギフト券の買い取るのにはリスクも伴います。
しかし、アマギフ買取専門業者にとって取り扱うことがリスク以上に大きなメリットとなっている所以は、こうしたアマゾンの持つブランド力による部分が多いと言えます。

Amazonギフト券以外にも電子商品券はありますが、どれもイマイチ活発ではありません。
換金率もアマギフに比べだいぶ下回る数値が水準となっています。

現金化ユーザーにとっても安定素材

電卓と現金の写真

Amazonのブランド力は、買取業者側だけでなく、現金化目的で選ぶユーザーにとってもメリットとなっているでしょう。
よくわからない会社やマイナーなブランドの商品券よりも、Amazonのギフト券のほうが信頼できるのは間違いありません。
現金化目的で商品券を購入したものの、どこにも買い取ってもらえなかったら何の意味もありません。

安全に購入できて、確実に売れる。

この圧倒的なブランド力もアマギフ現金化が選ばれている理由のひとつなのです。

Amazonギフト券価値

プレゼント向けのアマゾンギフト券

誰しもが使っているもしくは使った経験があるであろうAmazonの商品券ですので、プレゼントで貰って喜ばない方は少ないのではないでしょうか。

自分の好きな商品を選べるので物を貰うより正直嬉しいという声が多く、贈る側としてもプレゼントを色々と考えることなく喜んでもらえるため、まさに現代のギフト用途にうってつけと言える使いやすい商品券です。

また、プレゼント用途だけでなく、アマギフ専門業者などによる格安販売サイトで安くギフト券を購入することで、家計の節約にもなります。

Amazonギフト券の有効期限は最大10年※となっていますので、活用せずに紙切れにしてしまうなんてことは少ないと思いますが(Eメールタイプはそもそも紙ではありません)
もし不要の場合は現金化してしまうのも有効手段でしょう。
(※2017年4月24日以降に発行したAmazonギフト券)

このようにAmazonギフト券は多くの人にとって利用価値のある商品券なのです。