ページ上へ

商品券クレカで買えるのか?

クレジットカードでは購入できない商品券

そもそも金券ショップや電子ギフト券買取業者に限らず、リサイクルショップや古本屋、ゲームショップなどに物品の買取依頼で来店されるお客様の大半は現金化が目的です。
しかし、Amazonギフト券にはこれらの物品買取とは違った性質があるのです。
それがクレジットカードのショッピング枠を現金化できるという点です。

金券ショップでもクレカ購入不可

金券ショップのイメージ

あくまで基本的にですが、カード会社の規定において、本来、金券や商品券などの換金性の高い商品はクレジットカードでは購入できないことになっています。

例外的にクレジットカードで購入できる商品券もありますが、その多くはカード会社が自社発行したものです。例えばJCBカードのユーザーでしたら、JCBギフトカードをカード決済で購入することができます。

金券ショップでも商品券を販売しておりますが、クレジットカードで購入することはできません。
その大きな理由は、カード会社の規定云々と言うよりも、利益に関する事情のためです。

カード決済を行うとカード会社に支払わなければならない手数料が発生します。
「金券ショップとの違い」のページでも書きましたが、金券ショップは非常に薄利多売の商売であるため、少ない利益からカードの手数料を差し引いてしまうと完全に赤字となってしまうのです。
ネット型の金券ショップではカード決済が可能なところもありますが、店頭よりも割高な価格に設定されていることがほとんどです。

クレジットカード会社制約

ATMでキャッシングする様子

クレジットカード会社は、先述のとおりカード決済で商品券を購入できない趣旨の制約を取り決めています。

みなさんご存知のことでしょうが、クレジットカードには2つの枠があります。

1つは「ショッピング枠」買い物の決済に利用できるものです。
ポイントサービスなども充実し、以前と比べ積極的にカード決済で買い物する人が増加しました。

そしてもう1つが「キャッシング枠」。現金を借りることができる機能で、ATMにカードを入れ暗証番号を入力するだけで現金を借りることができてしまいます。
お金に困った時には便利なのですが、ショッピング枠に比べ限度額が低く、金利も高く設定されています。

このように、クレジットカードには2つの機能が別々の枠に棲み分けされているのです。

もし換金性の高い金券や商品券をショッピング機能で自由に購入できてしまうと、
限度額や利子の面で不利のあるキャッシング機能の代わりに、ショッピング枠が現金化目的で使われてしまうことが考えられます。

また、カード会社にとっても商品券を販売することで得ることのできる利益はとても少ないので、クレジットカード決済で買われたのでは赤字になってしまいます。
これは、金券ショップでカード決済ができない理由に似ていますね。

Amazonギフト券買取なら
クレカで購入可能

Amazonギフト券の購入画面

Amazonギフト券も言うまでもなく換金性の高い商品券です。
普通に考えればクレカでは購入できないはずなのですが、Amazonギフト券はクレジットカードで買えてしまうのです。
怪しいイレギュラーな買い方でもなく、アマゾンの公式ページで正式な購入方法として設定されていますので(むしろ推奨されている傾向)、
アマゾンで普段の買い物をするのと同じ感覚で購入可能となっています。

購入に使用できるカードは現在

・VISA
・JCB
・MasterCard
・AMERICANEXPRESS
・Diners Club

の5種類となっておりますので、ほとんどのカードが使えると言ってよいでしょう。
ショッピングですので、リボ払いや分割払いで買うこともできます。

Eメールタイプ選ぼう

アマゾンギフト券のタイプ別購入方法

クレジットカードで購入することができるAmazonギフト券は、amazon.co.jpで販売されているものに限ります。
コンビニや家電量販店で売られているカードタイプなどは現金払いでしか購入できませんのでご注意ください。

amazon.co.jpで取り扱われているギフト券の中で、最も安全に購入でき、さらに現金化用途に向いているものは「Eメールタイプ」になります。
なんせ、現在のところクレジットカードでしか買うことが出来ませんので、カードで購入する行為自体が不審だと捉えられる理由は少ないと言えるでしょう。
しかしいくつかの注意点がありますので、「アマゾンギフト券の種類」のページの方もあわせてご覧ください。

Amazonギフト券の買取を行っている業者でも、最も優遇されているタイプはEメールタイプになります。
換金率が高く設定されているだけでなく、買取サイトによっては他タイプの買取には対応していないところもあります。

ここは無難で購入も簡単なEメールタイプを選ぶようにしましょう。