ページ上へ

有効期限について

砂時計とカレンダー

アマギフをはじめ、ギフト券の多くは有効期限があります。
1~3年など短い有効期限になっていることは少ないですが、放置して有効期限切れにならないように注意しましょう。
主要なギフト券の有効期限は以下の通りです。

有効期限のあるギフト券

アマギフ(2017.4.24以降に発行):10年
アマギフ(2017.4.23以前に発行):1~3年
VISAギフトカード:2年
ビール券:発売日から原則10年
子供商品券:発売日から5年前後

効期限のないギフト券

JCBギフト券
VJAギフトカード
全国百貨店共通商品券
QUOカード
図書カード
iTunesカード
GooglePlayaカード

有効期限の対応が変わることがあるので、必ず公式情報およびお手元のギフト券を参照の上、最新情報をご確認ください。

アマギフの有効期限は延長可能

アマギフの有効期限延長に成功した女性のイメージ

アマギフは2017年4月24日発行分より有効期限が10年に延長されました。
最近発行したアマギフは直近で有効期限切れを起こすリスクはありませんが、2017年4月23日以前に発行したギフト券は有効期限切れになるケースが出ています。

有効期限が切れたアマギフは基本的に使うことができませんが、以下の条件を満たせば1年まで延長できるケースがあります。

・有効期限切れを起こしてから1年以内
・初めて有効期限延長手続きを行う(1ユーザー1回のみ)
・Amazonの利用履歴で問題がない

アマギフの有効期限延長手続きは、有効期限切れから1年以内かつ1ユーザー1回のみの制限があるので、手元に古いアマギフがあう場合は早めの確認・延長手続きを行ってください。

最終的にはアマゾンの裁量によって延長可否が変わるので、まずはダメ元で一度問い合わせをしてみるとよいでしょう。
有効期限切れを起こしてから1年以内でも、アマゾンの利用履歴に問題があると認められないケースもあります。

ギフト券は早めに消費する

有効期限がないものや、有効期限がだいぶ先のケースでも、数年にわたって放置することはおすすめできません。
ギフト券は有効期限切れを起こさなくても、長期間放置すると発生するデメリットとリスクをご覧ください。

取り扱いを中止するケースも

旧こども商品券など、一部で有効期限がないのに取り扱いが中止になった事例が存在します。
このほか、特定の店舗でしか使えないギフト券は発行元の破綻や閉店によって紙切れになってしまうリスクがあります。

全国百貨店共通商品券など加盟店の多いギフト券は比較的安全ですが、企業が独自で発行しているギフト券は対応や取り扱いが突然変わるケースがあるので注意してください。

紛失リスクも無視できない

放置した結果、ギフト券の存在を忘れて紛失したり誤って捨ててしまうケースが意外なほど多いです。
ギフト券は発行数に対して一定割合で消費されない分が発生します。
企業はこうした特性を理解して発行コストのかかるギフト券を積極的に販売しています。

アマギフが送料や梱包代を無料で購入できるのは、未使用によって発生する売上で補填しているからです。
有効期限が5年や10年先のものでも、タンスの奥にしまったことを忘れて有効期限切れを起こしてしまう事例が多数あるので注意しましょう。

買取レートの低下

古いギフト券は金券ショップで売る際に買取レートが下がるケースがあります。
主な要因はギフト券の汚れ、日焼け、スレ、破れなど見た目の悪化とデザイン変更の2パターンがあります。

一部で限定デザインのギフト券にプレミアムがつくケースもありますが、手軽に買える通常のギフト券の多くはデザインが変わると旧デザインの流通価格が安くなります。

ギフト券は自己利用よりも贈り物として活用する需要が高く、旧デザインなど金券ショップで買った古いものだと分かる状態だと需要が減るため、買取レートが下落する仕組みです。
使う予定がないギフト券は早めに売るようにしてください。

時代によって価値が変わるギフト券

アマギフのレートが下落するイメージ

実はアマギフで見ても、ここ数年で買取レートが下落しています。
登場した当初は、需要の高いアマギフを1%でも安く買おうとする需要が高く、どこの買取ショップでも高レートで買取していました。
しかし、アマギフ現金化がネットで話題になると、クレジットカードのショッピング枠を現金化する目的で買取ショップを利用する人が増加します。
そして、供給過多状態によってアマギフの買取レートは全盛期に比べて3~5%ほど下落しました。

アマギフ以外で見てもIC系交通カードの普及でパスネットカードの人気が減少した事例や、地方では百貨店が1店舗閉店しただけで全国百貨店共通商品券の価格が下落した事例があります。
現在人気が高くて金券ショップが高価買取しているギフト券でも、数年後は需要と買取レートが変わっているかもしれません。

また、ギフト券の価値が変わらなくても、近くの金券ショップが潰れたり、利益重視の運営方針にシフトして売りにくい環境に変化する可能性があります。
不要なギフト券は高く売れるうちに処分することをおすすめします。