ページ上へ

即金性どちらが有利?

時計と金貨の写真

現金化サービスを利用する人の中には「いますぐに現金が欲しい」「急な出費ができてしまった」といった急ぎの事情でのニーズがとても多くなっています。金券ショップでもその傾向はあてはまります。

もちろん其れに限ったことではありません。Amazonギフト券や金券・商品券の場合、不用品の処分を目的として利用する人が基本的にはメインになっています。
しかし、クレジットカード現金化の場合は、利用者の多くが即金を目当てにしていると言えます。
それもそのはず、クレカ現金化は「スピード」を売りにしているサービスでもあるのです。

こちらでは、アマギフ買取とクレカ現金化の「振込されるまでのスピード」に焦点をあててみましょう。
取引にかかる手間なども含め総合的に比較します!

クレカ現金化流れ

クレジットカード現金化には、ショッピング枠を直接買い取る訳ではなく、
まず利用者に指定の商品をカード決済で購入させ、その商品を買い取ることで現金を支払うという、一応の古物商取り扱いの体裁をとって取引が行われています。
(詳しくは「クレカ現金化の仕組み」もあわせてご覧ください。)

このクレカ現金化の取引には大きく分けて「買取方式」「キャッシュバック方式」2つの形態があります。

買取方式

実際に商品の「買取」という工程を挟んだ方法です。「三点方式」とも呼ばれ、パチンコの換金の仕組みに似ています。

取引の流れ

WEBや電話で現金化利用の申込みをする。
クレジットカード現金化業者が利用者に購入商品を指定する。
利用者は業者の指示に従って、商品をクレジットカード決済で購入する。
購入した商品を業者に買い取り依頼をする。
クレジットカード現金化業者は買取りを行い、利用者に現金を支払います。
後日、利用者にクレジットカード会社から商品購入で利用した代金の請求がきます。

商品の持ち込み(発送)の必要:あり
振込までの所要時間:2日~1週間 ※即日入金不可

キャッシュバック方式に比べると手間や時間が掛かりますが、実際に商品を買い取りしてもらうという行為があるため、リスクはいくらか軽減されるでしょう。
しかし、買取方式であっても逮捕者がでていますので必ずしも安全な取引であるとは言えません。

キャッシュバック方式

現在の主流がこのキャッシュバック方式です。「即日対応」を謳っているものは全てこの方式です。
(ちなみに「5分で入金」などと書かれているサイトも多くありますが、あくまで2回目以降の利用で、さらに“空いている”“人手が多い時間帯”などの業者側の都合が重なった場合のあくまで最速時間となります。)

取引の流れ

WEBや電話で現金化利用の申込みをする。
クレジットカード現金化業者がキャッシュバック付き商品の購入を利用者に指示。
利用者は業者指定の商品をクレジットカード決済で購入する。
業者側で商品購入されたことを確認。キャッシュバック分が利用者に支払われる。
購入した商品は後日利用者の元に届けられます。商品自体は価値のないものです。
後日、利用者にクレジットカード会社から商品購入で利用した代金の請求がきます。

商品の持ち込み(発送)の必要:なし
振込までの所要時間:20分~120分

買取方式のように商品の持ち込むために店舗に行ったり、発送するといった手間がありません。
しかし、「危険性」という決して無視してはならない大きなデメリットがあります。
クレジットカード会社や警察など各省庁から強く警戒されている取引となります。
お分かりの通り「買い取りを行いその代金を支払う」というグレーゾーンでいられる唯一の口実も崩壊してしまっているのです。
買取方式よりも換金率が低く設定されているのが一般的です。

アマギフ即日対応

レートの図

Amazonギフト券買取サービスの入金スピードはどうなのでしょうか?
クレジットカード現金化のサイトのように、「5分で入金!」「業界一のスピード取引!」などといった派手な広告は目立ちません。
そのかわりに「24時間対応」や「手数料無料」といったサービスを打ち出しているのが多い印象です。

じゃあアマギフ買取ってスピードは売りにしていないの?とお思いでしょうが、それは正解でもあり間違いでもあります。

繁忙期混雑

Amazonギフト券買取サービスは、日時やタイミングによって所要時間が左右されます。
その理由は1つで「混雑」によるものです。各業者ともに人員を配置し迅速に対応できるよう整備しているようですが、それでも需要の集まる時期や、業者などによる大口取引があった場合は振り込みまでに時間を要するでしょう。

空いている時であれば20分ほどで取引が完了する時もありますが、繁忙期ですと2、3時間かかることもあります。
アマギフ買取サービスを利用するのであれば、入金所要時間は最短で60分前後と考えていたほうが無難ですが、
Eメールタイプであれば基本的に即日対応となっていますので、アマゾンギフトカード買取は決して時間のかかるサービスではありません。
クレジットカード現金化の買取方式では入金までに2日以上かかることからも、電子ギフト券の小回りの良さがが伺えます。

月初の1日月末ピーク

アマギフ買取サイトが最も混雑するのが、月初の「1日」です。この1日は利用者数が断トツに多く、振り込みされるまでの時間も最もかかります。
前日の31日(もしくは30日)から混雑が始まり、2日を過ぎると落ち着きを見せます。
これには、各種支払いの締切日や、月末締めに設定されているクレジットカードの多いということが理由に考えられます。

もし、待ち時間を発生させたくないならば、月末・月初は避けたほうが良いでしょう。

取引かかる手間

多忙な女性
クレジットカード現金化

・業者からの商品の受け取りが必要
・業者への商品の持ち込みが必要(買取方式の場合)
・基本的に電話でのやり取りがある(WEBでも申込後にかかってくる)

クレジットカード現金化の場合、商品の持ち込み・受け取りといった工程が必ず必要となります。
キャッシュバック方式であっても必ず購入した商品を受け取らなくてはなりません。これを拒否・または省略するのは、「商品を購入した」と言うせめてもの言い逃れすらもできないことになりますので完全にアウトです。

その他に電話でのやり取りもあり、換金率の確認や交渉もここで行います。相手は怪しい業者かもしれませんし、会話するということに積極的にはなれないことではありますが、これも軽視してはいけません。
しっかりと取引内容を確認し、不明な点はすべて質問するようにしましょう。

Amazonギフト券買取

・業者からの商品の受け取りが必要
・WEBで完結
・カードタイプのギフト券の場合は発送が必要

Amazonギフト券の買取は、メインとなっているEメールタイプならばWEB申込みだけで完結してしまいます。
換金率の情報もサイトで提示されており、申込みした時点のレートでの取引になります。
オンライン型とは言え、電話窓口はもちろん設置されていますので、何か不安な点があれば問い合わせることができます。

プロ下す結論!

プロによるスピード比較のジャッジ

振り込みされるまでの所要時間を単純に比較するならば、キャッシュバック方式のクレジットカード現金化が最速です。
しかし、手間やリスクを考えると特記できるほどのメリットとは言いづらいです。
当方の見解から言いいますと、あえてクレカ現金化を選ぶのであれば「買取方式」を使ったほうが無難です。
実際に「買取」とうい行為を行いますので、幾分かは気が安らぎます。
(と言うか、自分ならキャッシュバック方式は絶対に使いません。)
ですが、買取方式の場合2日~1週間もの時間を要しますので、即金性は全くありませんし、面倒な手間も多いです。

Amazonギフト券の買取には20分ほどで完結するような即金性はありません。
混雑している日によっては半日かかってしまうこともあります。
しかし、買取方式のクレジットカード現金化と比べれば断然に速く現金を調達することができます。
年中無休の24時間対応や、サイトによっては現在の所要時間が表示されていますので、スピードをカバーできるサービスは多くあります。

高いリスクと低換金率という犠牲を承知の上で最速を求めるのならば、クレカ現金化のキャッシュバック方式も選択肢として挙げられるかもしれませんが、おすすめできるものではありません。

数分・数十分での換金性はないものの、手間なく安全に即日現金調達を行いたいのであればAmazonギフト券買取を利用したほうが良いでしょう。

スピード自慢のアマギフ買取業者
バイカ
バイカのトップページ
平均換金率 カードタイプ 総合評価
87% Eメール
カード・印刷
A

夜間の急な入用でも助かる24時間営業、さらにモアタイムシステム対応で365日終日入金可能!
そんなコンビニ感覚で利用できるアマギフ買取業者がバイカです。対応可能な金融機関も多いため、利用者にとってたいへん便利であると同時に、運営会社の信頼性の証とも言えます。

バイカの詳細