ページ上へ

お金を借りるためには
審査が必要

申込み書に記入するシーン

急にお金が必要になった時の現金調達方法はいくつかありますが、多くの人にとって真っ先に候補としてに挙げられるのは消費者金融による融資でしょう。
テレビCMでもバンバンやってますし、身近な金策手段の代表格となっています。

しかし、一昔まえまでは「高利貸し」「サラ金地獄」などとも呼ばれおり、「闇金」との明確な境界線もなかったため良い印象は持たれていませんでした。
事実、利用者には借金苦でさらに困窮、深刻な状況に陥るケースが多かったため社会問題にも。

こうした背景もあったため金融庁による指導や法改正が行われてきた結果、現在ではだいぶクリーンなイメージになったと言えます。

消費者金融って
意外にハードルが高い

厳しい審査のイメージ

街のあちこちにあるATMで利用もでき、便利に利用できるようになった消費者金融ですが、
消費者金融でお金を借りるためには、必ず審査に通らなくてはなりません

まず審査以前に消費者金融には申込みの条件があります。それは「年齢20~69歳の安定した収入がある方」これが第一条件になります。
要するに会社などに勤めていて、毎月給料を貰っている人です。これに当てはまらない場合は申込みできませんよと言うことです。
なお会社員でなくアルバイトやパートの場合でも毎月給料をもらっていれば安定した収入と見なされますので、主婦や学生の方でも申込みは可能です。
個人事業主の方は安定した事業所得が毎月あれば利用できます。

条件に該当しない場合は審査どころの段階ではありませんので、検討するだけ無駄になってしまいます。
しかし、安定した収入がある人と収入が不安定な人、どちらがお金に困りがちかは考える必要がないくらい明白です。

アマギフ現金化借金ではない

古物商の許可証

Amazonギフト券買取はそもそも借金ではありません。
専門業者にギフト券を買い取ってもらい、お金を入手する売買行為ですので、借金に該当する消費者金融のような審査という概念はありません。
住宅や車を売却するのなら話は別ですが、対象となるのは5,000円、10,000円といったギフト券の売買です。
買取業者の担当者は、依頼者に安定した収入がなくとも、たとえ無職の人であっても、特に問題とはしていません。

重要なのはアマギフの有効性

アマゾンギフト券のケース

買取業者が注視しているのは、依頼人ではなくギフト券についてです。依頼品が未使用で本物のアマギフかどうかが重要なのです。

人物に関して注意するとすれば、盗品や詐欺の疑いがないか。これに関しては金券ショップでも同じですね。
しかし、アマギフの専門業者は基本的にサイト型運営となっていますので、顔を合わせる機会がありません。
問い合わせや依頼でのメールの文章で完全に人物像を把握することは不可能ですので、やはりギフト券の有効性が肝心となります。

ブラックリスト載っていても大丈夫

ブラックリストでも大丈夫

ブラックリストのイメージ写真

支払い遅延などの事故を起こし、金融機関のブラックリストに載ってしまうと、銀行や消費者金融での融資は難しくなります。
ケースによっては絶望的だと考えていたほうがよいかもしれません。

しかし、Amazonギフト券買取でしたら、たとえブラックリストに載って信用情報に傷があろうと利用可能です。
買取業者は貸金業者ではありませんので、金融機関が共有しているクレヒス(信用情報)の内容を調べることができません。

ただ、買取の際に身分証は必ず必要になりますので、身分証を持っていなかったり、住所が不定の状態ですと難しい場合もあります。
また、引っ越しなどで身分証の住所変更があった場合も注意しましょう。現住所が確認できる公共料金の明細書を一緒に添付すれば可能な業者もありますので、該当する方はご利用前に業者に確認をしておきましょう。