ページ上へ

モアタイムシステム開始

都市のオフィスビル街

2018年10月9日、我々の暮らしにも大きな影響を与える大きな金融改革がありました。

それが「モアタイムシステム」のスタートです。

それまで、銀行と言えば平日15時を過ぎてしまうと入金の反映は翌営業日になってしまい、
振込みの用事がある日は「まだ3時前?」「あー3時過ぎちゃったぁ」とよく言っていたものです。
しかし、モアタイムが開始されたことによって、参加金融機関同士であれば365日24時間即時振込が可能になったのです。
正直「やっとか」という感もありましたが、金融機関をより便利に使えるようになったことは間違いありません。

アマギフ買取業界積極対応

積極対応のイメージ

モアタイムが開始されるまでは、15時以降や土日祝日にAmazonギフト券買取を申し込んでも、結局入金されるのは金融機関の翌営業日以降となっていました。
(ネットバンキングなど一部の金融機関では24時間対応をしておりましたが)

要するに、買取業者のスペックと関係なく、銀行のご都合でサービス内容が制限されていたのです。
「即日入金」というサービスも朝8時30分から、だいたい14時30分頃の5時間ほどでしか適応できませんでした

アマゾンギフト券買取業者はサイトでの申込み、銀行への振込入金が基本ですので、この対応のできない19時間の空白はどうしても避けることのできないネックとなっていたのです。
その点金券ショップは路面店での店頭でのやりとりが主でしたので、お客様が銀行の営業時間を特に気にすることはなかったのではないでしょうか。

しかし、モアタイムサービスが開始されたことによりこのもどかしい制限が解除され、365日24時間入金が可能となりました。
とは言っても、買取業者が24時間体制で営業していない限り、閉店時間中の入金対応は行われません。
今度は、銀行側ではなく業者側の都合となってしまいますね。
ですが、買取業者が年中無休で24時間、コンビニのように営業することはかなり難しいことです。
金券ショップでは絶対にやれないでしょう。

24時間365日営業で弱点を払拭

モアタイムに対応したアマゾンギフト券買取業者

しかし、いくつかのアマギフ買取業者が選択したのは「365日24時間体制で営業」という道でした。

買取サービスを行う身からすると、正直かなり身を削る決断にも思えましたが、これまでのある弱点を一気に払拭できる材料にも成り得るものであることに気が付きました。

Amazonギフト券買取は、他のサービスと比べると入金のスピード性にやや劣る部分がありました。
特に「10分で入金」などと謳い、過激なやり方で知られている「クレジットカード現金化サービス」と比べられると、アマギフはどうしても「遅い」というイメージを持たれてしまっていました。

アマゾンギフト券は非常に需要が多い商品で取引件数もかなり多く、さらに商品の有効性をチェックすることが非常に難しく、慎重に精査する必要もあります。
そのため、空いているタイミングならば最速15分ほどで入金が可能でしたが、混雑時には数時間かかってしまうこともあったのです。
人員増強で対応していたそうですが、さらに金融機関の営業時間という縛りも加わっていましたので、即日入金でサービス提供を行うのは結構ハードなことだったのではないでしょうか。

こうした背景があったアマギフ業界ですが、モアタイムシステムに対応することで、他のサービスに劣っていたスピード面でも十分に勝ることが可能となったのです。

クレジットカード現金化サービスや、我々金券ショップをはじめ買取業者で365日24時間営業しているケースは現状滅多にありません。

金融機関対応しているのかも重要

会社概要のイメージ

いくら365日24時間対応しているアマゾンギフト券買取業者を利用したとしても、振込に使う銀行がモアタイムに対応していなければ、その恩恵を受けることはできません。

モアタイムシステムが開始された2018年10月時点では、504もの金融機関が参加を表明しておりますが、急ぎで入金が必要な場合は、お使いになられる金融機関が対応しているのかを確認しておきましょう。

全国銀行資金決済ネットワーク
『モアタイムシステム参加金融機関一覧』