ページ上へ

キャリア決済とは?

キャリア決済のイメージ

携帯電話には「キャリア決済」というサービスがあります。
これは、docomo・au・Softbankなどの通信キャリアと契約している方が使えるサービスで、ネットショッピング等で使った商品代金を毎月の携帯利用料金とまとめて支払える決済方法のことです。

利用する際は、設定したIDと暗証番号を入れるだけと簡単で、クレジットカードを持っていない未成年の方でも使えます。
また、上限額はクレジットカードよりも低く設定されているため、使いすぎてしまう心配もありません。
ただし、実店舗では基本的に使えず、オンラインストアなどWeb上で支払いが完結するサービスを対象としているので留意しておきましょう。

そして、このキャリア決済サービスも実は現金化することが可能なのです!
今回は、キャリア決済を使った現金化の方法について詳しく解説していきます。

現金化する前に確認すべき注意点

前提として、キャリア決済で現金化する際には、docomo・au・Softbankのいずれかのキャリアでスマホまたは携帯電話を契約する必要があります。 この3社以外のキャリアに関しては利用できないので注意しましょう。
※Softbankが運営するモバイルサービス「ワイモバイル」に関しては「ワイモバイルまとめて支払い」というキャリア決済で現金化が可能です。

また、各社ともに利用限度額が設定されているため、高額な金額を現金化したい場合には向いていません。

各社の利用限度額をチェック

各社ともに最大利用限度額は10万円となっています。
また、利用限度額は年齢や利用状況によって前後してくるので、必ず公式ページで確認するようにしてください。

docomo
【ドコモ払い】
・19歳まで
契約期間関係なし:10,000円/月

・20歳以上
1~3ヶ月:10,000円/月
4~24ヶ月:30,000円/月
25ヶ月以降:50,000円/月、5万円/月、10万円/月

au
【auかんたん決済】
・~12歳:~1,500円/月
・13~17歳:~10,000円/月
・18~19歳:~20,000円/月
・20歳以上 :~100,000円/月
※支払状況やサービスの利用状況に応じて変動

Softbank
【Softbankまとめて支払い】
・12歳未満:2,000円/月
・20歳未満:20,000円/月
・20歳以上:100,000円/月
※ワイモバイルの限度額はSoftbankまとめて支払いと同じ

現金化したお金は次月に請求がくる

キャリア決済で現金化したお金は、次月分の利用料と合算されて請求がきます。
例えば、利用料が1万円で現金化分が3万円の場合は4万円支払わないといけません。
また、基本的に分割払いなどには対応しておらず一括払いのみとなっているので、必ず次月までに返せる金額を利用するようにしましょう。

キャリア決済現金化にはリスクもある

キャリア決済現金かは違法行為ではないのですが、携帯会社側は規約違反としているのでグレーです。
そのため、携帯電話会社にキャリア決済現金化をしたことがバレてしまうと、規約違反となり強制解約になるリスクが伴います。
最悪の場合、横領罪や詐欺罪などで訴えられてしまう可能性もあるので、あまりにも多額のお金を現金化する際には注意しましょう。

キャリア決済で現金化する方法

各キャリアのプリペイドカード

キャリア決済で最もお得に現金化したい場合、amazonギフト券を購入してギフト券買取業者に売却するのがおすすめです。 しかし、キャリア決済ではamazonギフト券を購入できないので、各キャリアが発行しているプリペイドカードを発行します。

Softbank:ソフトバンクカード
au:au WALLET プリペイドカード
docomo:dカードプリペイド

上記のプリペイドカードを発行できたら、キャリア決済で現金化したい分の料金をチャージして、その金額分のamazonギフト券を購入しましょう。
そして、購入したamazonギフト券を、ギフト券買取業者に売却し現金化が完了です。

以下、手順のおさらいです。

①自身のキャリアのプリペイドカードを発行する
②カードが届いたらキャリア決済でチャージする
③amazonギフト券をプリペイドカードで購入する
④ギフト券買取業者に売却する
⑤現金化完了

キャリア決済の現金化には、iTunesコードを業者に買い取ってもらう方法もありますが、amazonギフト券の方が高換金率で売却できます。

iTunesでのキャリア決済現金化方法

プリペイドカードの発行には、10日程度の期間を要することが考えられるので、なる早でお金が必要な方はiTunesコードでのキャリア決済現金化がおすすめです。
iTunesコードはamazonギフト券と違ってキャリア決済サービスを使って購入できるので、プリペイドカードを発行する必要がありません。

以下、現金化の手順です。

①iTunesコードをキャリア決済で購入する
②各キャリアの方法でiTunesコードを取得する
③ギフト買取業者にiTunesコードを売却する
④現金化完了

発行の手間が省けてとても簡単ですが、amazonギフト券よりも換金率が低いので急を要しない場合にはおすすめできません。

キャリア決済の現金化は慎重に

ショックを受ける人

キャリア決済の現金化は、クレジットカード不要で誰でも簡単に利用できるのがメリットです。
ただし、携帯会社に現金化したことがバレてしまうと強制解約やブラックリスト入りしてしまうなどのリスクがあります。
現代社会ではスマホは必須といってもよいほど世の中に浸透してきているため、使えなくなってしまうと一大事です。
キャリア決済での現金化はあくまでも最終手段として考えましょう。