ページ上へ

最も身近電子マネー

SuicaとかPASUMOとかの、交通系電子マネーの現金化は流石に無理ですよね…?

そう思われがちだが、意外と現金化できてしまうのだ。しかし、騒動に発展した事例があるのでおすすめの方法とは言い難いな…。

皆さん、最近きっぷって買いましたか?
旅行などの特別な用事をのぞいては、切符を買う機会がないという方が大多数かと思います。
電車やバスへの乗車時には「Suica」や「PASMO」で運賃を支払うスタイルがすっかり定着し、駅の切符売場もかなり縮小され、そのかわりにチャージ専用の機械が設置されています。

交通系電子マネーは日本においてキャッシュレスの先駆け的な存在でもありすっかりお馴染みとなりましたが、最近では「モバイルsuica」といった、カードではなくスマホを介して決済する第2世代へと移行しつつあります。
また、鉄道の運賃の支払いだけでなく、コンビニやスーパー、ショッピングセンターでの決済にも使える万能型の電子マネーとしての機能も兼ね揃えているのです。

れっきとした電子マネーではあるのですが、実用的な物ですし、まさか現金化の手段として使うことはないだろうと思うところですが、実はと言うべきか、やはりと言うべきか…
交通系電子マネーを現金化する方法も存在するのです。

交通系電子マネー現金化

改札

最近、何かと現金化のワードで騒ぎを起こしているフリマアプリ「メルカリ」ですが、交通系電子マネーもやはりここで売られ、ニュースでも取り上げられていました。
例にあげますと、10,000円分チャージされたSuicaが12,000円で出品されていたり、20,000円分のものが23,000円で販売されていたのです。
一見、なんで?とお思いでしょうが、これはメルカリのシステムを利用したクレジットカードの現金化行為なのです。

メルカリでは落札した商品をクレジットカードで決済できます。
そして、Suicaは現金に払い戻すことが可能です。

これだけで、メルカリを舞台とした交通系電子マネー現金化のカラクリが理解できたのではないでしょうか?
しかし、ニュースでも報道されましたし、運営側もただ黙認しているという訳にはいきません。
対策が強化され、チャージ済みSuicaの出品が禁止されました。

次の手段はチャージされていないSuica

交通系電子マネー

現金化対策が行われているとは言え、メルカリやヤフオクで「Suica」の出品を検索してみると、まだ出てきます。
ただ、以前とは異なるある違和感を感じます。
その要因は、チャージのされていないカードが並んでいるからです。
今度は流石に何がなんだか分からなくとも当然でしょう。しかし、これも現金化方法のひとつなのです。

Suica現金化の仕組み

Suicaを発行する際にはデポジットとして500円を支払います。
そして、このデポジットはSuicaを払い戻す際に帰ってきます。

仕組みは理解できたと思いますが、たった500円のために?と考えますよね。
ですが、このSuicaが20枚あればどうでしょう。単純計算でおよそ10,000円になります。
枚数を増やせばそれなりの金額にはなりますが、なぜチャージしていなかったり少額であったりするのか?

Suicaの払い戻しには手数料220円が掛かることになっています。
しかし、チャージ残高が220円以下の場合は、残額分で足りない分は払わなくて良いのです。
要するに、残高が100円しかなかった場合、不足分の120円については支払う必要がないのです。

次から次に手法を変え、関心すらしてしまいますが、利用者側の損得に関して言わせていただきますと、得策ではありません。
まず、みどりの窓口の受付で20枚ものSuicaを払い戻す行為が自然に見えますか?やはり怪しいですよね。
2、3枚くらいであれば違和感はありませんが、1,000円にも満たない少額の現金化の必要性は乏しいと言えます。

本当に違法性はないのか?

犯罪のイメージ

2017年にメルカリで現金が出品されていることが表面化し、ニュースでも大々的に報道され騒動となりました。
1万円札が1万5,000円で出品され、それを購入する人がいることに驚いた方も多かったと思いますが、
手法としては交通系電子マネーの現金化と同じくクレジットカード決済を悪用したもので、ショッピング枠で現金を買うという仕組みです。

逮捕者続出!

現金を販売するという行為は法に抵触しているような気がしますが、コインショップでも古銭やレアな現金を取り扱っています。
きっとグレーな手口だから、あんなに堂々と出品しているんだろうと捉えていた方が多くおりましたが、2017年11月16日に出資法違反の疑いで4人の出品者が逮捕される事態へと発展しました。

コレクター向けの貨幣の取引といった類ではなく、その実態は金銭の高利貸しとの判断が下されたのです。
メディアで大きく報道されていたことも捜査に拍車をかけたことが考えられます。
当然、メルカリでは現金の出品が禁止されました。

Suicaもマークされている

メルカリでは、Suicaも含むチャージ済みのプリペイドカード類の出品を禁じています。
残高0の物に関しては現在のところ禁止項目としては明記されてませんが、交通系電子マネーの出品への監視を強めていることは確かです。

現金販売で出品者が逮捕された理由は出資法違反です。超高金利・脱法行為の容疑が適応されたのです。
不当な現金化行為が問題となった訳ですし、Suicaの現金化もそのように判断されても不思議はありません。

リスクの割には、換金率も優秀ではなく、実用的な現金化方法と言うのは難しいといえる。