ページ上へ

金券ショップ定番商品

金券ショップで1番需要が高い商品ってやっぱり新幹線の回数券ですか?

新幹線の回数券は売る側・買う側双方からの需要が高く非常に人気である。だからこそ、クレジットカード会社から目をつけられているのだ。

金券ショップで人気の定番商品と言えば、「全国百貨店共通商品券」、「クレジット会社系ギフト券」、「鉄道会社の回数券」です。
中でも売る側・買う側両ユーザーからの需要が高いのが「新幹線回数券」。
正規料金よりも4~5%ほど安く購入することができ、元々高価な商品だけあって値引き額は往復で2,000円前後にもなります。
人気商品ですので買取価格のほうも高く、筆者が所属していた店舗では平均90~95%の換金率で買い取りを行っています。
ですので、使わずに余らせてしまっていたり、利用する機会がなくなった場合でも、さほど損をすることなく払い戻すことができます。
しかし、新幹線回数券の買取需要が高い理由はこれだけではないのです。

新幹線回数券転売

新幹線の回数券

金券・商品券は換金性が高いため、基本的にクレジットカードで購入できない仕組みになっているということを、当サイトでも書かせていただきましたが、 実は新幹線回数券もアマゾンギフト券と同様に、カードで買うことのできる貴重な金券なのです。

C制」と呼ばれる券種がそれに該当し、クレジットカードで購入したJR乗車券には“C制”または“東C”“海C”などと、カードで購入したことを示す記号が印字されています。
C制だからといって座席やサービスが異なったりする訳ではありません。
払い戻しする際の処理方法に違いがあるためこのように分別・印字されているのです。
現金で購入した乗車券をキャンセルなどの理由で払い戻す場合、現金で返金されます。

一方で、クレジットカードで買ったC制乗車券の場合は、現金で払い戻しをうけることができません。
もしそれが可能だとしたら、ショッピング枠の現金化として利用できてしまいますよね…。
C制の返金ではなく、カード決済のキャンセル処理が行われます。
要するに払い戻しによる現金化は実質不可能であり、鉄道会社側もそれを防ぐ対策をしていることがわかります。

金券ショップで売れるが…

節税対策のイメージ画

それではどう現金に換えるのか?
すでにお分かりの通り金券ショップに売るか、オークションなどで直接転売して現金化するのです。
今や主要都市であれば金券ショップはどこにでもありますし、気軽に売りに行くことができます。

また、闇取引やグレーな方法で転売するわけではないので安全性も問題ないように見えるでしょう。
しかし、本当に気軽で安全な手段であれば、現金化目的のユーザーのみなさんが利用しているはずです。
極論を言いいますと、他の方法なんて必要とされないでしょう。

現状の傾向としましては、クレジットカード現金化目的で新幹線回数券を売却するお客様は減っています。
なぜなら、それがあまりに危険な行為だからに他なりません。

カード会社はお見通し

新幹線回数券の転売によるショッピング現金化は、最近になって始まったことではありません。
昔からある手段ですので、カード会社も完全に熟知しています。
手口や傾向も把握しているので、現金化目的でのユーザーの行動パターンもお見通しという訳です。

と言うか、新幹線回数券本来の使用目的は“乗車する”ことのみですので、大量購入を行ったり、個人で消費するとは思えない買い方をするのは明らかに不自然です。 プレゼント目的で選ばれる商品でもありません。
汎用性の高いAmazonギフト券やクレジット会社系商品券とは性質が全く異なります。

そしてカード会社はただ対策をしているのではなく、厳しく警戒しているということ、すなわち非常にバレやすい商品であるということも理解しておく必要があります。
新幹線回数券は高い換金率で取引されていて、なおかつ需要のある商品。監視の目を光らせて当然です。

もしバレたら?

バレてしまったイメージ
カードの解約

カード会社の利用規約に明記されてあるように、ショッピング枠を現金化目的で使うことは完全なる禁止事項です。
もし発覚すれば強制的に契約解除となり、カードを失ってしまいます。
インターネット通販が生活の一部となり、さらに店頭での買い物でもキャッシュレス化が進んでいる中、クレジットカードが使えなくなるのは深刻な問題です。

今後カードが作れなくなる?

クレジットカードの利用履歴や支払状況は、クレヒス(クレジットヒストリー)と呼ばれる信用情報履歴にすべて記録されます。
支払いの遅延やトラブルがあればもちろんその事実もデータ化されます。
いわゆる「クレヒスに傷がついた」「ブラックリストに載った」と言われる状況のことですね。

このクレヒスは、金融機関・消費者金融・審判会社で共有されていて、新たにカードを作る際や借入・ローン契約での審査で必ず確認されます。
金融事故情報の保持期限は原則として5年で、もし事故を起こしてしまったら、それから5年間はどこの審査も通りにくい「厳しい期間」となります。

しかし、強制解約になった場合、今後同じカード会社の申し込み審査に通る可能性は不可能に近いと言われています。
情報保持期限の5年を過ぎたのに審査に落ちるケースが非常に多いからです。
これはカード会社には記録が半永久的残ることが理由に考えられます。

残債の一括請求

新幹線回数券を現金化目的で購入したことがバレてカードが強制解約になると、以降カードが使えなくなるだけでは済まされません。 残債があれば一括請求されます。
新幹線回数券はとても高額な商品。その代金を即刻全額支払わなくてはならないのは、かなりの負担です。
新幹線回数券の換金率は確かに魅力的ですが、その危険度はクレカ現金化と同等のレベルとなっています。

買い取りを行っている金券ショップの人間がこう言うのも違和感がありますが…ショッピング枠を現金化する手段に選ぶのは絶対におすすめしません。

もちろん使い切れなかったり、発券した駅での手続きが困難(C制乗車券の場合、購入した駅でしかキャンセルを受け付けてもらえません)な場合には、ぜひ金券ショップに売却・処分ください!
ちなみに、できる限り良い条件で買い取ってもらうためのコツは以下の通りです。

ココがポイント!

お盆や連休など需要が増える時期に売る
東京~名古屋・大阪・京都など、東京からJR東海・JR西日本の管轄にまたがる人気の区間
有効期限がたっぷり残っている(放置せず早めの行動を!)
表紙もセットにする。また折ったり汚したりせず取り扱いは丁寧に!

新幹線回数券のクレカ現金化はカード会社が厳しく取り締まっている!リスクを考えるならば手をつけないようにした方が賢明だ。