ページ上へ

Amazonギフト券買取は
なぜ安全なのか?

考える男性

カード会社からの警戒も強くなってきている昨今、リスクあるクレジットカード現金化にかわる現金調達方法として人気になっているのが「Amazonギフト券買取」です。

捉えかたによっては、クレカで購入したAmazonギフト券を売却することは、れっきとしたクレジットカード現金化とも思えますが、 アマギフ買取は断然に安全な現金調達方法であると言われています。

その理由について考えてみましょう。

買取業者売却するだけ

Amazonギフト券を現金化する際、利用者がおこなう行為は「手持ちのギフト券を買取業者に売却する」ことです。
この点は、金券ショップに商品券を売りに行く行為と何ら変わりはなく、もしこれが問題であるならば古物商のビジネス自体成り立ちません。

問題視されるとすれば、ギフト券をどうやって買ったかです。
クレジットカードで購入したものを売却したとなれば、カード会社が定めている規約違反行為に抵触するという見方も出来ます。
しかし、これが違反となればC制(クレジットカード購入)の鉄道乗車券やカード決済購入したイベントチケットなど、金券ショップに並んでいる様々な商品がアウトということなります。
事実、鉄道乗車券、特に新幹線回数券はかなり強く警戒されていますが、イベントチケットなどは現在のところそうでもない印象です。

クレジットカード現金化ではない

買取取引をしているシーン

仮にアマギフ業者が「ショッピング枠の現金化サービス」と銘打って買取サービスを行っていれば指摘されても止むないでしょう。
Amazonギフト券を自社からクレジットカード決済で購入させて、それをそのまま買取する形のサービスを行っていたら、現金化と判断されても当然です。

しかし彼らはAmazonギフト券の買取業者です。クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスの提供は行っていません。

クレカ決済でしか購入できない

スマホによるクレジットカード決済

アマギフ買取業者がギフト券の中でもメインで取り扱っているのが「Eメールタイプ」です。
このEメールタイプは、アマゾンの公式サイトで販売されているのですが、現在のところクレジットカードでしか購入することができません。
現金で購入できる物を敢えてクレジットカードで買い、それを売却したのであれば疑う余地はあるかもしれませんが、現金で買うことの出来ない商品です。
さらに、カード会社はAmazonギフト券を買取業者に売却したという事実は把握できません。
カード会社が認識している情報は「アマゾンの公式サイトで、カード決済でしか対応していない商品を購入した」ということです。

マーケット規模

小規模オフィスの仕事風景

Amazonギフト券の買取サービスは基本的に専門業者でしか行われておりません(今後、金券ショップなども事業参入する可能性は否定できません)。
大手系商品券や新幹線の乗車券に比べれば換金性は劣り、取扱い事業者も突出して多いわけではありませんので、カード会社もさほど問題視にしていないのが現状と言われてます。

しかし、先述のとおり現金化目的でカードを利用することは明らかな違反行為です。
一度に高額のギフト券も大量に購入したり、毎月毎週のように頻繁に買い続けていればカード会社も現金化利用を疑うでしょう。
利用停止や強制解約のリスクがあるということを、しっかりと認識しておきましょう。

信頼度・安全性評価が高いアマギフ買取業者
ギフトグレース
ギフトグレースのトップページ
トップクラス平均換金率 カードタイプ 総合評価
91% Eメール S

信頼性の高い業者は?と聞かれ真っ先に名前が上がるのがこの「ギフトグレイス」。
ワールドワイドに事業展開する貿易会社が運営しているだけあって、安全取引を第一に考えられており、同社が他に運営しているECサイトも、大手料金比較サイトの顧客満足度評価で98%をマーク。優良業者の代名詞的存在です。

ギフトグレースの詳細
ソクフリ
ソクフリのトップページ
平均換金率 カードタイプ 総合評価
88% Eメール A

換金率ではトップクラスと比べるとやや劣りはするものの、様々な電子ギフト券の買い取りに対応していたり、お得な最新情報を発信し続けているなど、利用者目線でのきめ細かいサービスが特徴の業者です。
リピーターが多いと言われている同社ですが、こうした企業努力が信頼を集める大きな理由なのでしょう。

ソクフリの詳細