ページ上へ

ヤフオクなどのオークションサイト

ヤフオクのトップ画面

Amazonギフト券を売却するのであれば、専門の買取業者を利用するのがあらゆる面でもベストと言えますが、
業者を介さず、個人で売買するという方法もあります。

個人売買で最も身近な手段は「オークションサイト」の活用でしょう。
「Yahoo!オークション」や「メルカリ」にアマギフを出品して売却してしまうという方法もあります。

業者を介しませんので、マージンコストがかからないというメリットがあります。
そのため、買取業者を利用するより高く売れる可能性も。

開始金額や希望落札金額は出品者自身で設定することができますので、高く売りたければ高めの設定を、
とにかく速く確実に売りたいのであれば安く設定する
というのが基本です。

売りたければ安めの設定から

ネットオークションで買い物をする主な目的はやはり「レアな希少品を掘り出す」「安く買う」といったところでしょう。
探していた珍品を思いもよらないお買い得価格で買えてしまうこともあるのが、オークションの大きな魅力です。

しかし、Amazonギフト券はレアな商品ではありませんし、アマゾン公式やコンビニなどでも簡単に購入することができます。
となれば、安く買う(落札できる)ことを目的に探している方がほとんどと考えて良いでしょう。
ネットオークションは詐欺被害などのトラブルが絶えない場所でもありますので、定価とさほど変わらないようでしたら、リスクや手間を考えヤフオクではなく公式な購入方法で買うのが普通ですよね。

ですので、あまりに強気な値段をつけてしまっては、いつまで経っても売れないというケースが十分にあります。
オークションの市場情報をチェックしつつ、希望額とバランスのとれた値付けをすることが重要です。

高く売れているのは業者による出品

ヤフオクで出品されているアマゾンギフト券

ヤフオクでの動向をチェックしてみると、9500円などの高値で落札されているケースもありました。単純計算で換金率95%となりますのでかなり高く売れています。
そこでそういったオークションの出品者情報をよく見てみると、ある共通点がありました。

それは「素人ではないな」という点です。

評価の数出品物を見れば明らかなのですが、少々詳しく書きますと、
ごく一部のリサイクルショップや金券ショップでは、アマゾンギフト券をはじめとする電子媒体の商品券も買い取っているところがあります。
小規模な個人商店や、ネットだけで営業しているオンライン専門ショップのケースが多いのですが、中には不用品回収業者や整理・清掃業者が、家財品をまとめて買い取った際に含まれていた商品券が出回ることも。
こうした古物業者もヤフオクにアマゾンギフト券を出品しています。

アマギフ買取専門業者でも特に個人経営のショップなどは、ヤフオクでも販売することがあるようです。
また、おそらく過剰在庫の整理目的だと思われますが、大量のギフト券を在庫しており出品しているケースも見られましたね。

高値で落札されているほとんどが、こうした業者による出品でした。

個人やはり信用されない

たとえ10円でも、100円でも節約したいという倹約家の方でしたら、9800円というお得度が少ない高額出品物であっても落札するでしょう。
しかし、それが一般の出品者、いわゆる素人によるオークションでしたらどうでしょう?

大半が手を出しません。

ましてやAmazonギフト券。プロの買取マンでも「本物か偽物か?」「有効なものなのか?」の判断が難しい商品です。
さらにネットオークションという「騙される」リスクも多い場所。
倹約家の方ほど、こういったリスクについても計算するものですので、「怪しいけどこの価格なら入札しても良いかな…」という安値重視の楽観的な落札希望者の方からのほうが脈があると言えるでしょう。

出品者コストとリスク

浮かない表情でスマホをいじる女性

ネットオークションのトラブルは、出品者による詐欺行為だけではありません。

むしろ入札者側のほうに多いとも言われ、詐欺や不正入札、入金トラブルに出品者が見舞われることは少なくはありません。

また、「落札したギフト券が使えない」「届かない」などのトラブルがあった場合も、出品者ご自身で対応しなくてはなりません。
これが結構多く、大変なようです…。

そして、出品・販売するためには手数料などコストが掛かることも忘れてはいけません。
ヤフオクの場合ですと、「落札額の数%」「送料(カードタイプの場合)」「アカウント月会費」などがありますね。

先程も触れましたがアマゾンギフト券を出品しているのは「業者」というケースが多くなっています。つまり、競合のライバルは玄人ばかりです。
サムネ画像や商品写真・説明画面もある程度凝って出品しています。全くの出品初心者の方でしたら、出品に行き着くまでにも時間と労力を要してしまうかもしれません。

金額やスキル、ご自身の状況などを考えて、専門家を介するのか、個人で行うのかどちらが本当にお得なのかを考えて利用しましょう。