ページ上へ

金券ショップとは

金券ショップで取り扱っている商品

「申し訳ございませんが当店では取り扱っておりません」
ここ最近毎日のように口にする言葉です。

需要が急増する中、我々金券ショップでは取り扱うことが難しい「Amazonギフト券」。
うちに問い合わせをくださる方々も、そういった事情を知らないことだと思います。
商品券ですから、売るならば金券ショップをまず思い浮かべるのは当然のことでしょう。

ここでは、金券ショップがアマギフを取り扱えない事情を中心にアマギフ買取専門店との違いを解説していきます。

薄利多売ビジネスモデル

利益計算のイメージ

金券ショップの収入は、商品券や切符を現金で買い取り、それを販売することで発生する差額分が主となっています。この利益で食べているのです。
とは言っても叩き値でお客様から金券を買い取っている訳ではなく、また定価のような価格で売って儲けている訳でもありません。

買取金額があまりに低ければ「じゃあ使ったほうがマシだな」となりますし、販売価格が定価と変わらないようであれば正規店で購入するでしょう。
940円で仕入れた1000円のギフト券を970円で販売し、30円の利益が得られる
とても薄利多売の商売なのです。

これでは一見成り立たない商売にも見えますが、常に需要のある商売であることは確か。

“現金が欲しい人”“安く物を買いたい人”そして“利益が欲しい人”
この3者がいないと考えるほうが難しくありませんか?

この全員の需要を満たすことで金券ショップ業は成り立っています。
これは、アマギフ買取専門業者にしても同じです。

回転率重要

砂時計と札

店舗を運営していくためには、家賃・光熱費・人件費など多くの運転資金が必要です。
商品を仕入れるための現金も当然なくてはなりません。
そのため、30円の利益で商売を成立させるために重要となるのは「回転率」になります。
とにかく1枚でも多く仕入れて、それを1分でも速く売っていくというサイクルを回していかなくては食べていけないのです。

それにもかかわらず、我々金券ショップの多くがAmazonギフト券の買い取りを毎日のように断っています。
しかも、今や誰しもが利用しているて超メジャー通販サイトの商品券をです。
メリットしかなさそうなAmazonギフト券の取扱いを拒むなんて愚行にしか見えないかもしれませんが、
実は金券ショップにとってそう簡単には取り扱えない事情があるのです。

それには電子ギフト券ゆえの特殊な性質が深く関係しています。

アマギフ買い取れない理由

アマゾンギフト券の外観

結論から言ってしまいますが、金券ショップには持ち込まれたAmazonギフト券が本物か偽物か、未使用かどうかを判別する術がないために、買い取りを断っています。
つまりは、有効であり商品価値のあるギフト券であることが全くわからないからです。

一般的な商品券であればこの理由で買取を拒否することはほとんどないでしょう。
使用済みの半券や鋏の入ったものを判別することは困難ではありませんし、持ち込むお客様も滅多におりません(プレミア的な価値のあるチケットであれば別でしょうが、当方では専門外です)。

Amazonギフト券は電子ギフトですので商品券のように実物を使って買い物をするのではないのです。
買い物で利用するのは「番号(コード)」になります。

カードタイプであればカード裏面に記されておりますが、Eメールタイプの場合ですとメールアドレスに番号が送られてくる仕組みですのでカード自体存在すらしません。

この番号が有効であるかどうかを調べる方法がないわけではありません。判別する方法が一つだけあります。
それは、Amazonのアカウントに登録することです。

確認した時点商品価値が消滅…

シュレッダーの写真

じゃあショップ従業員のアカウントなりを使って登録して確認すればよいのでは?
とお思いになられるかもしれませんが、Amazonギフト券は1度番号を登録してしまうと、そのアカウント以外では使用できなくなってしまう仕組みになっています。

そうなると、「転売(販売)」ができなくなります。確認する行為自体が商品価値を放棄するということになるのです。

薄利多売な営みをしている我々が、使えるものなのか明確でないギフト券を一か八かで買取りをするわけがありません。
そもそもそのような商品をお客様に販売するわけにはいきません。

リスク払拭できなかった

リスクと利益を考える男性

金券ショップでは、少しでも偽造品や盗品の可能性があるものは買取りません。
電子ギフト券だけでなく商品券や金券にしても同様です。

もし我々がAmazonギフト券を取り扱うとするならば、リスクをカバーできる何かが絶対に必要になります。
そのひとつに身分証明書の提示がありますが、そもそも一般的な商品券を買い取る際にも金額や内容に応じて身分証の確認を行っています。
(1万円以上の買取を行う際には身分証明書の確認が古物営業法により義務付けられています。依頼人が18歳未満であれば1万円以上の買取さえも禁じられています。)

すでに行っていることですので、効果的なプラス材料とは言えません。
となると残る方法はひとつ。買取金額を下げることです。
リスク分を金額に変換するしかありません。しかしそうするとどうなるでしょう?

専門店より大幅に低い換金率でのサービス提供となります。

それでは買取業者としてのイメージも悪いですし、たとえ「安くても良いので買い取ってほしい」と言う申込みがあっても、それはそれでリスクを感じる部分もあります。

金券ショップにはこうした、どうしても払拭できない課題があったのです。
我々がアマギフ買い取りを歯がゆい思い出断っている理由を、多少なりともご理解していただけますと幸いです。

アマギフ買取専門業者

アマゾンギフト券買取サイト集

専門業者にしてもリスクが無い訳ではありません。
しかし、彼らはこのサービスをビジネスとして確立させることに成功しました。

その理由のひとつに、ネット店舗をメインにしていることが挙げられます。
金券ショップのような路面店と比べ、運営コストを大幅に削減できることももちろん大きいのですが、
インターネットを駆使し、かつ電子ギフト券を専門的に扱うことで極力リスクを回避することを可能としたのです。
特にEメールタイプのAmazonギフト券を優遇している点も、こうした背景が関連していると考えられます。
また、専門的なノウハウ量も金券ショップのそれとは大きく異なります。

しかし、金券ショップにも今後アマギフ参入の可能性が無いわけではありません。
なんと言っても、商品券買取のプロです。
まだしばらくは様子見をするなり、私のように調査段階であるというのが現状です。